FC2ブログ

記事一覧

8日パート5(第52回)

Sponsored Link 低線量放射線の確率的影響を評価するための線量として実効線量が定義されている。 実効線量は、線質効果と組織の感受性を勘案して評価されるが、直接測定することができないため、 測定できる実用的な「測定量」と次のように関連付けられている。 外部被曝に関連する測定量には、70μm線量当量、3mm線量当量及び1cm線量当量がある。 放射線防護上重要な細胞が表面からどれほどの深さに存在...

続きを読む

8日パート4(第52回)

Sponsored Link 放射性物質の摂取による体内被曝線量を評価するための主な方法としては、 生体試料を用いるバイオアッセイと全身に沈着した放射性物質から放出されるガンマ線を 体外から全身カウンタを用いて検出する方法とがある。 この他に、特定の器官に着目して、その器官に沈着している放射能の測定を目的とした 甲状腺モニタなどがある。 バイオアッセイの試料としては主に尿、糞が用いられるが...

続きを読む

8日パート3(第52回)

Sponsored Link 排水中の45Ca濃度を液体シンチレーションカウンタで測定する場合には、水と溶け合うジオキサンに シンチレータを溶かしたものが用いられてきたが、現在では、水とエマルジョンを形成する乳化シンチレータ が多く用いられる。 一方、排水中の32Pの放射能測定では、シンチレータを用いずチェレンコフ光を計測することができる。 いずれの場合も、あらかじめ、測定試料の透明度を調べ、それ...

続きを読む

8日パート2(第52回)

Sponsored Link 非密封の放射性同位元素を取り扱う作業では、空気汚染による内部被曝を生じない作業環境を 作ることが重要である。 空気の汚染には放射性物質の空気中への飛散率が関係している。 飛散の度合いは放射性物質の化学的性質、物理的形状、そして作業形態が影響する。 物質の化学的性質としての揮発性についてみると、例えば、137CsIでは、放射性同位元素 は飛散しないが、K131Iでは、化学...

続きを読む

8日(第52回)

Sponsored Link 第52回まとめ☆ 被測定線源と異なる核種の標準線源を用いる場合には、通常、次のような方式により 被測定線源の放射能を決定する。 まず、ピーク計数効率εをガンマ線エネルギーの関数として決定する。 ここでいうピーク計数効率とは、標準線源のピーク計数率msをガンマ線放出率で除したものである。 この場合の標準線源として、22Na、54Mn、57Co、60Co、88Y、137Csのように、半減期が...

続きを読む

アクセスカウンタ

スポンサーリンク

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

まるやまん

Author:まるやまん
人生楽しまなきゃ損☆

Sponsored Link

スポンサーリンク

バナー

フルーツメール

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記 ブログランキングへ


家庭菜園 ブログランキングへ


育児 ブログランキングへ


2016年4月~17年3月生 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログへ


資格受験 ブログランキングへ

blogramのブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ

ブログ王ランキングに参加中!

人気ページランキング

ブログパーツ



バナー2

ドラクエ風アクセスカウンターもどき