FC2ブログ

記事一覧

放射線取扱主任者試験

放射線取扱主任者試験

・誰でも試験を受ければ得られる「国家資格」
・試験に合格しただけでは免状はもらえず、合格後、資格講習を受講することで免状がもらえる。

●試験区分
  ・第1種放射線取扱主任者試験
  ・第2種放射線取扱主任者試験
  ・第3種放射線取扱主任者(主任者試験が不要で、資格講習を受講すればもらえる)

●試験内容
 ・第1種試験(2日間/全課目択一式問題・マークシート方式)

□1日目
 ①物理学、化学及び生物学のうち放射線に関するもの
 (択一式:6問/105分)
 ②物理学のうち放射線に関するもの(択一式:30問/75分)
 ③化学のうち放射線に関するもの(択一式:30問/75分)
□2日目
 ④放射性同位元素及び放射線発生装置による放射線障害の防止に関する管理
   技術並びに放射線の測定技術に関する課目(択一式:6問/105分)
 ⑤生物学のうち放射線に関するもの(択一式:30問/75分)
 ⑥放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律に関する課目
  (択一式:30問/75分)
●第2種試験(全課目択一式問題・マークシート方式)

 ①放射性同位元素による放射線障害の防止に関する管理技術Ⅰ
  (択一式:5問/105分)
 ②放射性同位元素による放射線障害の防止に関する管理技術Ⅱ
  (択一式:30問/75分)
 ③放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律に関する課目
   (択一式:30問/75分)
 合格後、指定講習(1種は5日間、2種が3日間)を受講する必要があります。

●合格基準
  ・第1種・第2種試験

全試験課目が60%以上の得点率であり、なおかつ試験課目毎の得点が50%以上の得点率で合格となります。

Sponsored Link



style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-1969939774014347"
data-ad-slot="4463666313">



●合格率

平成27年のデータでは、
第1種:30.7% (東京は29.7%)
第2種:29.9%(東京は28.1%)

一種に関して、札幌だけで見ると、42.9%、二種は、福岡で40.0%となっている。

この試験は、誰でも受けられるので、実際はここまで合格率の低い難易度の高い試験ではないのではないだろうかと

一部では言われています。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンタ

スポンサーリンク

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

まるやまん

Author:まるやまん
人生楽しまなきゃ損☆

Sponsored Link

スポンサーリンク

バナー

フルーツメール

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記 ブログランキングへ


家庭菜園 ブログランキングへ


育児 ブログランキングへ


2016年4月~17年3月生 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログへ


資格受験 ブログランキングへ

blogramのブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ

ブログ王ランキングに参加中!

人気ページランキング

ブログパーツ



バナー2

ドラクエ風アクセスカウンターもどき