FC2ブログ

記事一覧

23日

・活性酸素あるいはフリーラジカルに関して
   ・酸素分子はフリーラジカルである
   ・酸素分子が3電子還元されるとヒドロキシルラジカルになる
   ・過酸化水素は活性酸素種であるが、フリーラジカルではない。
   ・過酸化水素はカタラーゼにより水分子と酸素分子になる。
   ・酸素分子が2電子還元されると過酸化水素が生成される。

・放射線の細胞に対する作用に関して
   ・放射線の間接作用は、主に水分子から生じたラジカルによる。
   ・凍結状態で照射された細胞では、致死作用が低下する。

・過酸化水素に関して
   ・H2O2は活性酸素種の一つである。
   ・H2O2の細胞傷害性はカタラーゼ処理により消失する
   ・H2O2は鉄(II)イオンなどの触媒効果により、体内でヒドロキシルラジカルを生成する。
   ・H2O2は、細胞膜を透過する






・水へのエックス線照射によって生じるラジカル生成物に関して
   ・DNA損傷を引き起こす主要な原因の一つである。
   ・強い酸化力を有する
   ・ヒドロキシルラジカルはDNAに作用して損傷を与える
   ・過酸化水素を生体内で分解する酵素が存在する

・水への放射線照射により生成するスーパーオキシドに関して
   ・酵素反応により過酸化水素を生じる
   ・水和電子と酸素との反応で生じる

・放射線照射によって生じる活性種に関して
   ・水素ラジカルは生体分子からの水素引き抜き反応を起こす。
   ・間接作用によるDNA損傷には、ヒドロキシルラジカルの寄与が最も大きい

Sponsored Link



style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-1969939774014347"
data-ad-slot="4463666313">



・放射線の直接作用と間接作用に関して
   ・間接作用に寄与する現象 ・酸素効果
                ・希釈効果
                ・ラジカルスカベンジャーによる防護効果
                ・温度効果
   ・間接作用は、主として水の放射線分解によって生じるフリーラジカルの作用である。
   ・凍結状態で照射すると間接作用の寄与は小さくなる。
   ・試料を凍結すると間接作用の比率が小さくなる。
   ・直接作用の一つに、DNAの共有結合の解離によるラジカルの発生がある。
   ・直接作用は間接作用に比べて、酸素の影響を受けにくい。
   ・乾燥した酵素のエックス線による不活性化は、主に直接作用によるものである。
   ・ラジカルスカベンジャーは主として間接作用を修飾する。
   ・凍結細胞を照射した場合に生物作用が軽減されるのは、間接作用の抑制による。
   ・ラジカルスカベンジャーを、あらかじめ、添加しておくことにより生物作用が軽減されるのは、間接作用の抑制による。
   ・間接作用は酸素濃度の影響を受ける
   ・ガンマ線による間接作用は、主として、水の電離または励起によって生じるフリーラジカルの作用である。
   ・ガンマ線による間接作用は、グルタチオンなどSH期を持つ物質を添加することにより、低減することができる
   ・ガンマ線による間接作用は、酸素分圧を低下させることで、低減することができる。
   ・間接作用では、平均不活化線量は溶質の濃度に比例して増加する。
   ・間接作用では、ラジカルは溶質分子と確率的に反応して不活化する。
   ・直接作用では、一定線量あたりの水溶液中の不活化数は溶質の濃度に比例して増加する。
   ・乾燥系にすると間接作用は起こりにくい。
   ・間接作用の媒体は主に水分子である。
   ・溶質分子濃度が低下するとD0値は低下する。
   ・直接作用では線量が一定ならば溶質分子濃度が高いほど不活化分子数が多くなる。
   ・間接作用では線量が一定ならば不活化分子数は溶質分子濃度に関係なく一定である。





酸素効果に関して
   ・酸素の存在により生物作用が増強されることを指す。
   ・酸素効果の程度を表す指標としてOERが用いられる。
   ・酸素効果は、高LET放射線では低LET放射線に比べて小さくなる。
   ・培養液の酸素分圧を1mmHgから40mmHgまで変化させた場合は、101mmHgから140mmHgまで変化させた場合よりも細胞致死効果の変化が大きい
   ・低酸素細胞は放射線抵抗性を示す
   ・エックス線による細胞致死におけるOERは2.0〜3.0である。
   ・酸素の存在により致死効果が高まることを指す。
   ・正常組織中にも放射線生物学的低酸素細胞が存在する。
   ・腫瘍の放射線治療では分割照射を行うことにより再酸素化が期待できる。
   ・照射後に、酸素分圧を高めても酸素効果は見られない。
   ・培養細胞だけでなく、細菌でも酸素効果が見られる。
   ・酸素効果の機序の一つに酸素による損傷の固定化がある。
   ・グルタチオンは酸素効果に影響を与える。
   ・低酸素細胞増感剤は、電子親和性を有する。






------------

勉強のノート代わりに書いてるブログで図々しくもブログのランキングサイトに参加してますwwww



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンタ

スポンサーリンク

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

まるやまん

Author:まるやまん
人生楽しまなきゃ損☆

Sponsored Link

スポンサーリンク

バナー

フルーツメール

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記 ブログランキングへ


家庭菜園 ブログランキングへ


育児 ブログランキングへ


2016年4月~17年3月生 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログへ


資格受験 ブログランキングへ

blogramのブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ

ブログ王ランキングに参加中!

人気ページランキング

ブログパーツ



バナー2

ドラクエ風アクセスカウンターもどき