記事一覧

30日

Sponsored Link


・核DNAは、エックス線による細胞死に密接な関連がある。

・放射線照射した後の培養細胞の生存率曲線(線量を線型目盛りで横軸に、生存率を対数目盛りで縦軸にプロットしたもの)に関して
   ・同じ線量率で照射した場合、速中性子ではγ線よりも傾きが急である。
   ・酸素の存在下で照射すると傾きが急になる。
   ・通常、グラフの縦軸は生存率で、横軸は吸収線量である。
   ・中性子線では、エックス線に比べて細胞生存率曲線の傾きが急である。
   ・一般に、線量率を上げると傾きは急になる。
   ・10MeVの中性子線よりも500keVの中性子線で照射した方が傾きは急になる。
   ・M期の細胞はS期より肩が小さい。



・LQモデルに関して
   ・係数αは細胞生存率曲線の1次項の係数を示す。
   ・α/β比が小さい細胞生存率曲線は肩が大きい。
   ・一般に晩発反応組織のα/β比は早期反応組織のα/β比に比べ小さい。

・放射線による損傷からの回復に関して
   ・高LET放射線では、低LET放射線に比べてその程度が小さい。
   ・細胞が増殖できない状況にあっても起こる。

・照射後のPLD回復に関して
   ・細胞分裂遅延が関連すると推定されている。
   ・細胞環境が増殖に不適当な時に起こる。

・放射線による細胞死に関して
   ・分割照射は亜致死損傷を回復させる。
   ・亜致死損傷回復では平均致死線量(D0)は変化しない。



・放射線による突然変異に関して
   ・ガンの原因となることがある。
   ・細胞死の原因となることがある。
   ・点突然変異は吸収線量に対して直線的に増加する。
   ・エックス線被曝は、アルファ線被曝に比べ単位吸収線量あたりの突然変異頻度は低い
   ・アルファ線はγ線に比べて単位吸収線量あたりの突然変異頻度が高い。
   ・点突然変異は発ガンの原因となる。
   ・塩基損傷は点突然変異の原因となる。
   ・点突然変異は遺伝性疾患の原因となる。
   ・培養細胞ではHPRT遺伝子の変異が検出によく用いられる。
   ・突然変異の検出には、突然変異を誘発した細胞のみが選択培地で増殖できるようになることを利用する。
   ・高LET放射線の場合、γ線に比べて吸収線量あたりの突然変異誘発率が高い。
   ・低線量率では高線量率に比べ突然変異誘発頻度が低い。
   ・自然突然変異で認められない特別な変異はない。
   ・自然突然変異に比べ欠失型が多い。





Sponsored Link




------------

勉強のノート代わりに書いてるブログで図々しくもブログのランキングサイトに参加してますwwww



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンタ

スポンサーリンク

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

まるやまん

Author:まるやまん
人生楽しまなきゃ損☆

Sponsored Link

スポンサーリンク

バナー

フルーツメール

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記 ブログランキングへ


家庭菜園 ブログランキングへ


育児 ブログランキングへ


2016年4月~17年3月生 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログへ


資格受験 ブログランキングへ

blogramのブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ

ブログ王ランキングに参加中!

人気ページランキング

ブログパーツ



バナー2

ドラクエ風アクセスカウンターもどき