記事一覧

4日

Sponsored Link

・2Gyのガンマ線急性全身被曝後の末梢血の変化に関して
   ・赤血球の減少率は血小板に比べ小さい。
   ・顆粒球は被曝後数日の間に一過性に増加する。

・エックス線による4Gyの急性全身被曝後の末梢血に関して
   ・血小板数は被曝後20日以降に最低値を示す。
   ・赤血球数は被曝後25日以降に最低値を示す。
   ・血小板は赤血球より早期に減少する。
   ・リンパ球数の減少は被曝後4時間以内に起こる。
   ・好中球数は一過性に増加する。
   ・好中球数は、被曝後1〜2日以内に一過性に増加する。

ミリタリーセレクトショップWIP
・造血臓器に対する放射線の影響に関して
   ・各種リンパ球の放射線感受性を比較すると、B細胞はT細胞より感受性が高い。
   ・放射線被曝後の血小板の減少及び回復はいずれも顆粒球より遅い。
   ・顆粒球には好酸球、好中球及び好塩基球が存在するが、各細胞の放射線感受性はほぼ等しい。

・5Gyのガンマ線急性全身被曝による放射線影響に関して、顆粒球は被曝直後に一過性に増加することがある。

・放射線全身被曝による造血障害に関して
   ・骨髄が被曝すると、数年の潜伏期の後、白血病を発症する可能性がある。
   ・リンパ球は血液細胞の中でも感受性が極めて高く、亜致死線量程度の被曝で最初に減少する。

・放射線が人の免疫細胞に及ぼす影響に関して
   ・末梢血中の顆粒球数は、全身被曝後24時間以内に一過性に上昇する。
   ・Tリンパ球は、アポトーシスを起こす。

・B細胞はリンパ球の中で最も感受性が高い。骨髄由来。

・末梢血液細胞と放射線に関して
   ・リンパ球は放射線照射後、アポトーシスに陥りやすい。
   ・輸血用の血液をガンマ線で20Gy程度照射するのは、拒絶反応に関わるリンパ球を死滅させるためである。

・輸血用血液放射線照射に関して
   ・移植片対宿主病を防ぐことが目的である。
   ・吸収線量は15Gy〜50Gyである。
   ・照射には通常エックス線、ガンマ線または電子線を用いる。
   ・リンパ球の放射線感受性が他の血球成分に比較して著しく高いことを利用している。

・放射線による身体的影響の出現時期に関して
   ・3Gyのエックス線全身被曝後、24時間以内に末梢血リンパ球は、正常の1/10以下に減少した。
   ・精巣に5Gyのガンマ線被曝を受けても1週間以内に不妊になることはない。


ハローバイトル(日本語)

Sponsored Link




------------

勉強のノート代わりに書いてるブログで図々しくもブログのランキングサイトに参加してますwwww



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンタ

スポンサーリンク

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

まるやまん

Author:まるやまん
人生楽しまなきゃ損☆

Sponsored Link

スポンサーリンク

バナー

フルーツメール

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記 ブログランキングへ


家庭菜園 ブログランキングへ


育児 ブログランキングへ


2016年4月~17年3月生 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログへ


資格受験 ブログランキングへ

blogramのブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ

ブログ王ランキングに参加中!

人気ページランキング

ブログパーツ



バナー2

ドラクエ風アクセスカウンターもどき