記事一覧

7日

Sponsored Link


・哺乳動物の腸菅死に関して
   ・線量率効果がみられる。
   ・被曝後3週間以内に死にいたる。
   ・腺窩細胞(クリプト細胞)は絨毛上皮細胞よりも放射線感受性が高い。
   ・脱水は腸死の直接の原因の一つである。
   ・腸死は、腸絨毛上皮細胞の脱落が原因である。
   ・ヒトのLD50は、ガンマ線4Gy程度である。


・ガンマ線急性全身被曝による中枢神経死に関して
   ・被曝線量が大きくなると中枢神経死に至るまでの期間は短くなる。
   ・血管障害は中枢神経死の直接の原因の一つである。
   
・LD50(30)線量での死因は主に骨髄障害である。

・毛細血管拡張性運動失調症(AT)は、電離放射線に高感受性を示す。

・乳児の胸部撮影では、成人より骨髄線量が大きい

・放射線によるがんの発生のリスクが高い組織・臓器
   ・乳房
   ・骨髄(赤色)


・ICRP2007年勧告における確率的影響の名目リスク係数に関して
   ・がんの名目リスク係数は、遺伝性(的)影響の名目リスク係数より大きい。
   ・全年齢集団の名目リスク係数は、就労年齢集団(18−64歳)の名目リスク係数より大きい。

・組織荷重係数(ICRP2007年勧告)に関して
   ・低線量被曝による確率的影響を評価するための係数である。
   ・線量率にかかわらず、臓器・組織ごとに値が定められている。
   ・放射線の種類にかかわらず、臓器・組織ごとに値が定められている。
   ・臓器、組織の等価線量にこの係数を乗じ、全身にわたって積算することによって実効線量が与えられる。
   ・線量率の高低によらず、臓器、組織ごとに一定の値が与えられている。
   ・年齢によらず、臓器、組織ごとに一定の値が与えられている。
   ・確率的影響に関する係数なので、確定的影響評価には使われない。
   ・胃と結腸は同じ値である。
   ・骨髄(赤色)の係数が最も大きい。
   ・遺伝的影響も対象にしている。
   ・男女で同じ係数が用いられる。
   ・非致死がんも対象にしている。


・組織荷重係数(ICRP2007年勧告)
   ・肺>肝臓
   ・胃>甲状腺
   ・赤色骨髄>甲状腺
   ・肺>食道
   ・胃=結腸>食道
   ・甲状腺=膀胱>骨表面
   ・肺>肝臓>皮膚
   ・肺>膀胱


・リスクに関して
   ・リスク予想モデルは、発ガンによる障害リスクの推定に用いられる。
   ・原爆被爆者における固形がんの発生リスクは、相対リスクがより適合する。
   ・発ガンの原因として自然放射線の寄与は喫煙より小さい。
   ・絶対リスクモデルでは、リスクは年齢にかかわらず一定とする。
   ・発ガンのリスクは大人より小児の方が高い。
   
・原爆被爆者におけるがん発生と死亡に関して
   ・胃がんの発生に関する過剰絶対リスクは白血病と比較して高い。
   ・胃がんの発生に関する過剰相対リスクは白血病と比較して低い。

・原爆被爆者におけるがんの発生の過剰相対リスクが高い組織、臓器
   ・肺
   ・骨髄(赤色)

マイナビエージェント
・原爆被爆者の疫学調査で、統計的に有意な発ガンリスクの上昇の見られる臓器
   ・胃 
   ・肺

・原爆被爆者の疫学調査で、統計的に有意なリスクの上昇が認められている疾患
   ・急性骨髄性白血病
   ・急性リンパ性白血病
   ・慢性骨髄性白血病

シフトワークス
・放射線発ガンに関して
   ・白血病では被爆時年齢が低いほど潜伏期は短くなる。
   ・線量率による影響を受ける。
   ・胆嚢がんの発ガンリスクは有意には上昇しない。
   ・白血病では、ある期間を過ぎてから発ガンリスクが上昇し、その後低下する。
   ・固形がんでは、ある期間を過ぎてから持続して発ガンリスクが高い。
   ・放射線誘発白血病の発生率は被曝線量に依存して増加する。
   ・放射線誘発白血病は、自然発生による白血病と区別はできない。
   ・身体的影響に分類される
   ・晩発影響に分類される。
   ・確率的影響に分類される。
   ・外部被曝でも内部被曝でも起こり得る。
   ・白血病は、被曝線量が高いほど潜伏期間が短い。
   ・白血病は、被曝後2〜3年経過してから増加する。
   ・潜伏期間は白血病では被爆時の年齢が若いほど短い。
   ・潜伏期間は白血病では被曝線量が大きいほど短い。
   ・潜伏期間は白血病が一番短い。
   ・悪性度は線量と関係しない。
   ・発生頻度は線量とともに増加する。
   ・線量率は発生頻度に影響する。
   ・慢性リンパ性白血病は放射線被曝により増加するという明らかな証拠はない。
   ・放射線発ガンは被爆時の年齢が若い方がリスクは高い。
   ・白血病の線量と発生率は、直線二次(LQ)モデルによく当てはまる。
   ・固形がんの線量と発生率は、直線(L)モデルによく当てはまる。
   ・放射線発ガンで最も潜伏期の短いのは白血病である。
   ・低い線量域(1Sv以下)での発ガン率をLモデルに従い推定した場合にはLQモデルでの推定値より高くなる。
   ・被曝線量と白血病の過剰絶対リスクの関係は、直線ー2次曲線(LQ)モデルによく当てはまる。
   ・被曝線量と固形がんの過剰相対リスクの関係は、直線(L)モデルによく当てはまる。
   ・固形がんの過剰相対リスクは被爆時年齢が若年の方が高齢の場合よりも高い。
   ・相対リスクと過剰相対リスクの差は常に一定である。
   ・白血病の過剰相対リスクは全固形がんの過剰相対リスクより大きい。

ミリタリーセレクトショップWIP    
・放射線被曝による乳がんの発生に関して
   ・被爆時年齢が低いほど発生率が高い。
   ・女性ホルモンが影響する。
   ・被爆時年齢が低いほど発生の過剰相対リスクが高い。
   
・放射線による皮膚ガンの発生に関して
   ・紫外線曝露によりリスクが高くなる。
   ・人種により50倍程度の開きがある。

バイトーク
・チェルノブイリ原子力発電所事故による放射線被曝によって有意に増加したのは、小児における甲状腺癌

・倍加線量に関して
   ・倍加線量は、自然突然変異率を単位線量あたりの誘発突然変異率で除して求める。
   ・倍加線量は、遺伝的リスク推定に使われる指標である。



マイナビ薬剤師

Sponsored Link




------------

勉強のノート代わりに書いてるブログで図々しくもブログのランキングサイトに参加してますwwww



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンタ

スポンサーリンク

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

まるやまん

Author:まるやまん
人生楽しまなきゃ損☆

Sponsored Link

スポンサーリンク

バナー

フルーツメール

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記 ブログランキングへ


家庭菜園 ブログランキングへ


育児 ブログランキングへ


2016年4月~17年3月生 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログへ


資格受験 ブログランキングへ

blogramのブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ

ブログ王ランキングに参加中!

人気ページランキング

ブログパーツ



バナー2

ドラクエ風アクセスカウンターもどき