FC2ブログ

記事一覧

8日パート4(第52回)

Sponsored Link

放射性物質の摂取による体内被曝線量を評価するための主な方法としては、

生体試料を用いるバイオアッセイと全身に沈着した放射性物質から放出されるガンマ線を

体外から全身カウンタを用いて検出する方法とがある。

この他に、特定の器官に着目して、その器官に沈着している放射能の測定を目的とした

甲状腺モニタなどがある。

バイオアッセイの試料としては主に尿、糞が用いられるが、必要に応じて血液なども

用いられる。

事故時のように吸入摂取が疑われる場合には、鼻スミア試料を採取することが重要である。

放射性物質の体内量は、測定された試料中の放射能を、摂取した核種の人体における代謝モデルに

当てはめることにより求められる。

体内量は国際放射線防護委員会(ICRP)による排泄率関数などで計算される。

精密型全身カウンタは、バックグラウンド放射線による計数を少なくするための

遮蔽室と検出器及び放射線計測部(データ解析部)からなっている。

検出器としては一般にNaI(Tl)シンチレーションカウンタが用いられてきたが、

近年ではエネルギー分解能が優れたGe検出器が用いられるようになっている。

内部被曝線量を定量的に評価する場合には、尿・糞などの試料を必要とするが、

吸入の有無を判断するだけであれば、鼻スミアは非常に有効な手段である。










体内汚染が分かった場合には、放射性物質の体外除去が行われる。

胃腸菅からの吸収低減のためには、胃腸菅の洗浄、下剤の投与、プルシアンブルーなどのイオン交換剤

の投与等が行われる。

体内に吸収された放射性物質を除去するための処置としては、

1、ヨウ化カリウムなどの、安定同位体を含む化合物の投与

2、DTPAなどのキレート剤の投与

3、利尿剤の投与

などが考えられる。

どの方法を選択するかは、放射性物質の性質による。


プルシアンブルーはイオン交換能が高く、放射性セシウムの結合剤として用いられる。



Sponsored Link






------------

勉強のノート代わりに書いてるブログで図々しくもブログのランキングサイトに参加してますwwww



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンタ

スポンサーリンク

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

まるやまん

Author:まるやまん
人生楽しまなきゃ損☆

Sponsored Link

スポンサーリンク

バナー

フルーツメール

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記 ブログランキングへ


家庭菜園 ブログランキングへ


育児 ブログランキングへ


2016年4月~17年3月生 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログへ


資格受験 ブログランキングへ

blogramのブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ

ブログ王ランキングに参加中!

人気ページランキング

ブログパーツ



バナー2

ドラクエ風アクセスカウンターもどき